コラーゲンたっぷりな食べ物でお肌のコラーゲンは増えるのか

コラーゲンたっぷりな食べ物と言えば、鶏の手羽先や軟骨ですが、こうした食べ物を食べていれば、お肌のコラーゲンも増えるのでしょうか。

また、コラーゲンドリンクなども人気ですが、食べ物や飲み物などでコラーゲンを取り入れることで、お肌のコラーゲンは増えるのでしょうか。

コラーゲンを食事でとってもそのままお肌のコラーゲンにはならない

グルメ番組などで、鶏の煮込み料理を食べるシーンによくありがちな「コラーゲンたっぷりでお肌によさそう」なんてコメントがありますね。

確かに鶏の煮込み料理とか、何日も煮込んだコラーゲンスープなるものを見ると、トロトロしていて、これを食べればお肌のコラーゲンも増えて、ぷるんとしてハリのあるお肌になりそうなイメージがわいてきますね。

でも、食事でコラーゲンをたっぷり食べたからと言って、必ずしもお肌のコラーゲンを増やすことにはならないんです。

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

鶏の煮込み料理を食べても、体の中で他のたんぱく質と同じくアミノ酸に分解されて、胃腸で消化吸収され、血液を介して全身に運ばれます。

お肌にだけ集中的にアミノ酸を届けることはできません。

消化吸収されたさまざまな栄養を体のどこにどれだけ届けるかは、ホルモンの働きによります。

肌のコラーゲンを作り出すのはたんぱく質

ではコラーゲンを食べても意味はないということなのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

お肌のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、角質細胞などを作り上げているのは、たんぱく質と脂質です。

ですから、コラーゲンだけを意識して食事に取り入れるのではなく、良質なたんぱく質が豊富な食材をメニューに取り入れればいいのです。

ただし、これは肌のコラーゲンを作り上げているのがたんぱく質と脂質であるからという理由であるからにすぎません。

お肌を美しく健康に保つためには、たんぱく質と脂質だけでなく、お肌のターンオーバーをスムーズに保つビタミンやミネラルも欠かせません。

紫外線や活性酸素など、お肌の老化の原因となる物に立ち向かうためにも緑黄色野菜なドに豊富なビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどの抗酸化物質も大切です。

コラーゲンを増やすための食べ物とは

つまり、肌のコラーゲンを増やしたいとお考えであれば、コラーゲンだけを意識して食事をするのではなく、肉や魚、豆類などさまざまなたんぱく質をバランスよくとり、ビタミンやミネラル、良質な脂質もバランスよくとることが大切です。

たんぱく質ばかり食べていても、お肌のターンオーバーが乱れて様々な肌トラブルを引き起こします。

食材や栄養素のごく基本的な知識を身につけて、積極的に摂りたいものと食べすぎに注意すべきもの、またできるだけ控えたいものなどを理解しておくことも必要です。

身に着けた知識をもとに、バランスよくいろいろな食材をメニューに取り入れることがコラーゲンを増やすだけでなく、健康的で美しい肌を作り上げるのです。

下記のリストをもとに毎日の食生活を見直してみてください。

美肌のために知っておきたい栄養素のリスト

栄養素 積極的にとりたいもの 摂りすぎに注意したいもの できるだけ控えたいもの
たんぱく質 魚介類・豆類・豆製品 肉類(特に脂肪分の多いもの)・乳製品
脂質 エゴマ油・シソ油・オリーブオイル・ココナッツオイル サフラワー油・コーンん油・大豆油・サラダ油・バター・ラード マーガリン・ショートニング・古い油脂類
炭水化物 精製していない穀類 白米・パン・パスタ・うどん 白砂糖
ビタミン 野菜や海草類・キノコ
ミネラル 野菜・海藻類・キノコ 天然塩 精製塩
食物繊維 野菜・海藻類・キノコ